読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気になるはぴとぴ

日々の気になる事を書いています。ダイエット記録も!



ブラックは減るのかな?「ストレスチェック制度」12月より企業はメンタルヘルス実施が義務づけ

いよいよH27年12月から働く人の「ストレスチェック制度」が始まりますね。

職場におけるメンタルヘルス対策・過重労働対策・心身両面にわたる健康づくり(THP)|厚生労働省

定期的に企業は働く人に対して「ストレスチェック」を行うことで、本人に気づきを促して早めに対処をしていくという事ですね。

 

f:id:hapitopi:20150904083158j:plain

 

メンタルヘルスに関する問題は年々大きくなっていますね。これによって改善するのでしょうか?

 

50人以上いる企業では、この「ストレスチェック」は正規・非正規にかかわらず全ての働く人に対して年に1度は必ず行わないといけないとの事。

但し、1年未満の契約で仕事する人や、所定の労働時間の4分の3未満の人は対象外となります。

 

「ストレスチェック」を受けて、高いストレスの結果が出た場合は、本人が申し出て医師の指導をされるのですが、基本的に結果については企業側には知らされないので、本人の社内評価には影響しないようになっています。

医師の指導を受けた場合は企業はその医師からの意見を聞いて、今後どういった対処が必要なのかなどを考えるという事なんですね。

 

この場合、企業側がその結果を聞いて「こいつは使えない」などという理由で解雇や退職勧奨などが怖いなと思いましたが、これは禁止されているようです。

 

この「ストレスチェック制度」によるメンタルヘルスの問題は、ブラックな企業に対してどのくらいの抑止力が働くのでしょうね。

 

確かに、大切な働き手がメンタルの問題で休職・退職となると、企業も痛いと思います。求職中は企業に属していますので、人員を増やせず人で不足状況で、残された社員が更に厳しい環境に置かれているのも事実あることでしょう。

休職中の傷病手当についても健康保険側にしてみれば大きな痛みとなっていますよね。

 

実際、私はその傷病手当に助けられていますが。

 

この「ストレスチェック制度」が良い形で展開されていくといいなと、心から願いたいと思います。

 

本当に。

 

 

 

 

 

DMM.com証券  

世界で唯一認可されたライスパワーNo.11の薬用コスメ
ライスパワーショップ  

日本初!虫歯菌除去用成分『BLIS M18』配合
子供用歯磨き粉【ブリアン】