気になるはぴとぴ

日々の気になる事を書いています。ダイエット記録も!



いとしさと切なさと無添加石鹸

我が家ではボディソープではなく固形石鹸を使っています。 子供が小さい頃に皮膚科で勧められたのが固形石鹸で、当時勧められたのは「牛乳石鹸」でした。青い箱の牛の絵が付いてるアレです。

 

固形石鹸を使い始めたら、ボディソープには戻れなくなりました。肌のヌルヌル感がどうにも心地悪いのです。固形石鹸のスッキリ感は格段に違います。ちなみに子供の湿疹も良くなりました。

 

 

ドラックストアへ行くと、たくさんの固形石鹸が並んでます。花の香りとかお茶石鹸とか炭石鹸とか色とりどり。迷います。パッケージには沢山いいことを書いてあるので、どれがいいのかさっぱりわかりません。

 

最終的に行き着いたのがミヨシの無添加石鹸シャボン玉石鹸でした。無添加石鹸の2大ブランドといってもいいと思います。どちらかといえば、シャボン玉石鹸派。

 

無添加石鹸は成分を見るとわかります。 「成分:石鹸素地」基本的にこれしか書いてません。香料も入っていないのでいい香りはしませんが、このタイプが一番スキです。 無添加石鹸に悩んだら、まず裏の成分チェックは必須ですね。 しかし、無添加と書いてあっても、本当の無添加なのか?という疑問が出てきます。

 

 

基本的に石鹸素地は油脂(動物性や植物性の油)に苛性ソーダを混ぜて出来ています。(苛性ソーダは石鹸を作る上で必要なもので、自然乾燥の過程でほぼ残留されません) その油脂の原料で色々なタイプの石鹸が出来上がります。

 

しかし無添加石鹸といっても様々です。無添加と書かれているのに使ってみたらヒリヒリするなどの場合もありますよね。この場合、あらかじめ油脂に防腐剤や酸化防止剤などを添加させていることもあるのです。

 

無添加なのに???

 

実はここに無添加のからくりがあります。

一般メーカーの表記基準には石鹸素地を作る前に添加していても『石鹸素地』とだけ添加すればいいという事になっている為、とってもわかりにくいんです。

 

本当にいい石鹸はきちんと原料も公表されていますね。そして値段もわりとお高いです。

 

日用品の石鹸1個に1,000円近く出すのはちょっとためらわれるので、私はシャボン玉かミヨシの無添加石鹸で十分満足です。昔ながらの製法で作られている安心のブランドです。

 

最終的に、使ってみて問題がなければ合うという事だと思いますが、それぞれのメーカーのHPで調べてみると良いかもしれませんね!